リフォーム[情報サイト:おしえてリフォーム]は、リフォームの専門家による住宅リフォーム,マンションリフォームのトータルリフォームの情報を発信!
住まいの外壁塗装.com
おしえてリフォーム
リフォームの専門家によるトータルリフォーム情報サイト
Yahoo!ブックマークに登録プライバシーポリシーサイトマップお問合せ
HOME リフォームお役立ちコラム リフォーム施工事例 全国のリフォーム店 おしえてリフォームについて おしえてリフォーム メニュー
HOME > リフォームお役立ちコラムTOP >  リフォーム コラム > セカンドライフをも見据えた子供部屋の考え方
リフォームお役立ちコラムTOP
部位でおしえて
水廻りリフォーム
キッチンリフォーム
お風呂リフォーム
トイレリフォーム
洗面リフォーム
外壁リフォーム
屋根リフォーム
ガーデニング
外構・エクステリアリフォーム
玄関リフォーム
廊下リフォーム
階段リフォーム
リビング・居間リフォーム
内装リフォーム
寝室リフォーム
床リフォーム
窓・サッシリフォーム
設備
テーマでおしえて
太陽光発電
省エネリフォーム
初めてのリフォーム
リフォーム業者の選び方
よくあるリフォームトラブル
ローンについて
ローコストリフォームとは
悪徳業者
アフターメンテナンス
リフォームのお金
新築?vsリフォーム?
増築
建替え
解体について
狭小地に建てる
引越し
シロアリ問題
シックハウス
雨漏り
結露
耐震
断熱
防犯・セキュリティ
二世帯住宅リフォーム
子供部屋
バリアフリー
50才からの住まいづくり
自分でできるリフォーム
掃除の豆知識
水にこだわる
収納
オール電化
ホームシアター
防音対策
店舗リフォーム
マンションリフォーム
リノベーション
デザインリフォーム
自然素材リフォーム
LOHAS
オーダー家具
古民家再生
木の住まい
お部屋のインテリア
カーテン
ボイラー
ペットと暮らす
リフォーム用語集
リフォームの法律
リフォームおしえて掲示板
大人気メルマガ配信中!
リフォーム資料まとめて請求
上手なリフォーム会社の選び方や悪徳業者に騙されないコツなどリフォームに関する資料を全て無料でご提供しています。
今すぐご請求!
おしえてリフォームINDEX

おしえてリフォームお役立ちコラム
全国のリフォーム施工事例
全国のリフォーム店
リフォームQ&A
リフォームイベント情報
リフォーム新商品紹介

リフォーム資料請求
メルマガ登録・解除
リフォーム用語集
メディアでの紹介
おしえてリフォームの足跡

お気に入りに登録
   Yahoo!ブックマークに登録
   このページはYahoo!ブックマークに登録している人数 人が登録

あなたも「おしえてリフォーム」にリフォーム情報を掲載してみませんか?
注目リンク

 arrow  静岡でリフォームをお考えなら
ニラスイホームへ!
ココロ豊かな生活リフォーム!

リフォーム,静岡
 arrow  栃木でリフォームをお考えなら
リアンコーポレーションへ!
アフターケア体制も心配ありません!

リフォーム,栃木
 arrow  山梨でリフォームをお考えなら
ハウスプランナカゴミへ!
安心リフォーム12ヶ条があります!

リフォーム,山梨
 arrow  香川でリフォームをお考えなら
讃商リフォームへ!
品質力・技術力・対応力の3つの柱!

リフォーム,香川
 arrow  島根でオール電化をお考えなら
ソーラープロジェクト大社へ!
安心の豊富な実績でサポート!

オール電化,島根
 arrow  滋賀でリフォームするなら
匠工房へ
幸せリフォーム

滋賀,匠工房
 arrow  愛知でリフォームするなら
ハローサービスへ
地域密着で迅速対応。

リフォーム,愛知
 arrow  大阪でリフォームするなら
P・J only one reformへ
健康を考え自然素材リフォーム

リフォーム,大阪
 arrow  群馬でリフォームするなら
@群馬住宅リフォーム.comへ
じっくり打合せし最高のプランニング!

リフォーム,群馬
 arrow  静岡でリフォームするなら
オレンジハウスへ

リフォーム,静岡
 arrow  岐阜でリフォームするなら
奈良屋建設へ

リフォーム,岐阜
 arrow  広島でリフォームするなら
タオアーキワークスへ

リフォーム,広島
 arrow  愛知でリフォームするなら
リライブへ

リフォーム,愛知
spacer
セカンドライフをも見据えた子供部屋の考え方
私が家づくりに携わるようになってから、首尾一貫して考えているコンセプトに、“セカンドライフ”という事があります。

当たり前のことですが、だれでも年を取ります。
一方では、厳しい表現かもしれませんが、現在家づくりをお考えの方々は、きまって、現在の家族構成や現在の職場との兼ね合い、ライフスタイルにあわせた“近視眼”的な考え方でいらっしゃる方々が、とても多いようです。

でも、日本の平均寿命から考えると、定年後のセカンドライフは約30年!
社会人経験が、通常であれば40年近い歳月になることを考えても、セカンドライフとは、社会人経験に匹敵する、人生の「セカンドステージ」そのものなのです。

子供の成長、親の介護など、予想できるライフイベントは、経験している方々に聞いてみることで、けっこう具体的にイメージできますが、いざ、自分の20年後、30年後と考えると、意外に考えが及ばないものなのです。と考えると、通常、子供部屋として考えている個室というものは、子供の受験期が過ぎ、独立していったとき(そうでもない方も・・・笑)はじめて、壮年期〜熟年期を過ごす夫婦のユーティリティスペースになるわけですね。

そんなとき、子供部屋という部屋は、完全に個室にしてもよいものなのでしょうか?

まず考えたいのは「子供は親や兄弟と、どのような関係を築きたいのか?」ということです。
家のなかで、小さな子供と、どのようにして過ごしたいのか。将来大人になった子供と、どのような接点を持ちたいのか。ということで、一度、家族で子供部屋の考え方について、
じっくりと話あってみることをオススメします。

そのときに大切なことは、現在の家族の状態ではどうなのか、あわせて、将来、夫婦だけになったときに、どのように過ごしたいのか?空いてしまう子供部屋を、夫婦個別のユーティリティスペース(たとえば夫婦個別の趣味の部屋など)として使うのか、はたまた、壮大な「物置」として使うのか・・・(笑)。

蛇足ですが、木造軸組の在来工法の場合は、このあたりの対応の自由度が広く、将来の住まいの使い勝手が格段に向上します。

現在の家族構成の場合で考えたとき、家にいるときは、できるだけリビングでいっしょに過ごしたいのであれば、子供部屋は寝るだけの、最小限の部屋でいいかもしれません。

これは、結婚すると、どうしても少なくなりがちなパートナーとの会話とあわせ、子供との会話の時間をきちんと確保するために、できるだけ家族をリビングに誘導させる間取りという考え方です。

その最低限の子供の居場所であれば、子供部屋は寝室だけのスペースということも十分考えられます。

※一説によると、結婚して子供ができると、パートナーとの会話が1日10分程度まで減少してしまうそうです。1日10分程度だと、ほんとうに「メシ・フロ・ネル」程度の時間ですね。特に男性の場合は「釣った魚になんとやら(爆)」で、ついつい仕事にかこつけて籠もりがち・・・反省してますm(_ _)m。この減ってしまった会話時間は、間取りの工夫でも改善できる場合があります。できれば、キッチンへのこだわりとともに、パートナーとの会話時間も改善させたいものですね!(夫の立場としては、深く反省するばかり・・・)

おっと、脱線してしまいました(笑)。
勉強時間は、リビングに接したスタディコーナーで、家族の雰囲気を感じながらも、集中して勉強させる。
個人的経験ですが、一人きりになると、意外に集中できないものです(爆)。

また、子供の自主性を育てたいのならば、机、ベッドのほかに、自分で整理できるように、あらかじめクローゼットをビルドインしておくとか。セカンドライフでの使い勝手も考えると、子供部屋については、お子さんが2人いるから、かならず2部屋用意しなければならない、ということではありません。

ちょっと広めの部屋を用意しておいて、クローゼットや可動壁で仕切れるようにしておくだけでも、将来の使い勝手が格段に向上します。
2007/06/26現在の記事です。
記事提供: 家づくりの“プラス”ワンポイント 株式会社武海建設 早坂淳一
著作権・免責について
関連記事:初めてのリフォーム / 50歳からの住まい / 子供部屋
大好評!無料メルマガ おしえてリフォームメールマガジン!!登録はここから
最新リフォーム情報やおすすめリフォーム店など、会員の方にいち早くお届けするメールマガジンです!
⇒この記事は参考になりましたか?
   

↑このリフォーム情報をお気に入りに追加する
< ひとつ前の画面にもどる
おしえてリフォーム HOMEおしえてリフォームについてプライバシーポリシーサイトマップお問合せリフォーム会社様へ広告掲載リフォーム このページのトップへ↑
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。